投稿

7月, 2010の投稿を表示しています

Skyhook試してみました。

◇ Skyhook って? Google翻訳によると、 「スカイフックの場所の位置、コンテキストと知能の世界的リーダーです。スカイフックは、今日のWi - Fi測位システムの先駆けと場所を提供します。モバイルデバイスとアプリケーションの数千万します。」 だそうです。ふ~ん。 Android標準のLocationManagerと似たような機能を持つシステム、ということが言えるかと思います。 ◇特徴は? XPSと呼ばれる位置測位の仕組みが特徴です。 XPSはA-GPSとWPSを組み合わせた精度の高い位置測位を提供します。 A-GPSは屋外での精度の高い位置測位に有利です。 WPSはGPSが利用できない屋内・地下でWi-Fi APまたはCell towerの電波により位置測位を可能にします。 詳しくは コチラ 。 また、Tilingという仕組みを利用することによりあらかじめ一定の範囲のWi-Fi APデータベース情報を端末内にダウンロードしておくことで、Skyhookサーバと通信できない状況でも位置測位可能にすることができます。 ◇利用可能なエリアは? ヨーロッパ、アメリカ合衆国、韓国、日本などで 利用可能 です。 日本では、東京、大阪、名古屋とそれらを結ぶ東海道新幹線に沿った地域で利用可能です。 また、「 Submit a Wi-Fi Access Point 」することにより、対応可能地域を増やしてやることが可能です。 GoogleのNetwork Providerによる位置測位の対応エリアがどの程度なのかはよくわかりません。 ◇どうやって使うの? いろいろなプラットフォームをサポートしていますが、ここではAndroid版についてのみ説明します。 1.まず、Skyhook SDKを ダウンロード します。 2.SDKには、ライブラリ、ドキュメント、サンプルが含まれます。 3.自前のプロジェクトにライブラリ(wpsapi.jar)を含めることで利用可能になります。 4.詳しくはサンプル、ドキュメントを参照のこと。 ◇Android標準のLocationManagerとの違いは? LocationManagerもGPS_PROVIDERとNETWORK_PROVIDERを利用することで、XPSと全く同じようなことができます。 それじゃ、Skyhook使う意味ないじ