投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

地味だけど重要な変更

久々にSmartTrainingのバージョンアップ(6.6.0)を行いました。 今回のバージョンでは、地味だけど重要な変更を加えています。 ---- ◇ Ver.6.6.0 変更内容 ・使用するパーミッションとライブラリの変更。 ・Android 2.1以降でサービスをフォアグラウンドに設定 ・Android 2.1以降で端末のGoogleアカウントと連動 ・Android 2.1以降で過去に端末内に保存したGoogleパスワードの削除 ---- ・使用するパーミッションとライブラリの変更。 最近、Androidに対する情報セキュリティがいろいろとうるさくなってきました。アプリケーションが持つパーミッションに対する意識も高くなり、ただの万歩計なのになんでそんなパーミッションが必要なの?とコメントをいただくこともでてきました。このアプリケーションは元々私自身がAndroidアプリ作成と公開を通じて様々な知見を得ることが目的で作り始めたものでした。そのため、通常の利用者が必要としないいくつかの機能を含んでいます。ここのところ実験的に取り入れた機能のために与えたパーミッションが増えてきたので、一度整理してみました。合わせて、使用しているパーミッションとその使用目的をAndroid Market上に公開しました。 ---- このアプリケーションが使用する各パーミッションが必要な理由は以下の通りです。 ・データをGoogleサービスにアップロードする際に端末内のGoogleアカウント設定を使用するために必要としています。 android.permission.USE_CREDENTIALS android.permission.GET_ACCOUNTS android.permission.AUTHENTICATE_ACCOUNTS ・画面テーマ変更時に自アプリケーションのリセットのために必要としています。 android.permission.KILL_BACKGROUND_PROCESSES ・GPSによる位置情報を取得するために必要としています。 android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION ・広告モジュールが動作するために必要としています。 andr

AccountManagerのgetAuthToken()をReflectionでヤッてみた

AccountManager#getAuthToken()を利用することでAndroid端末に登録したアカウント情報のTokenが取得できます。普通の使い方は こちらあたり に詳しく載っています。 これを利用することで例えばGoogle Serviceへのアクセス時認証に利用できます。取得したTokenをClientLoginの際のAuthに設定してやればOKです。 と、普通はこれで話が済んでしまうのですが、AccountManagerはAPI Level 5以降じゃないと利用できない。これより古い環境でこのコードを実行するとjava.lang.VerifyErrorが起きてしまいます。 これは後方互換性の問題です。Androidアプリを開発する際に気をつけなければいけないのがこの問題。詳しい対処方法は こちら に掲載されています。これらの対処方法のうち、今回はReflectionを利用することで回避してみました。当然のことながら、Reflectionを使ったからといって古い環境でAccountManagerの機能が使えるようになるわけではありません。実行時のVerifyErrorが回避されるだけです。同等のことを古い環境でやる場合は、 Google Data API のClientLoginなりをHTTPリクエスト送ってやればOKです。Java(Android)向けのライブラリも公開されているのでそれを使っても良いと思います。まぁそれはそれで置いといて。 今回主題のやり方はこちら。 public class AuthenticatorAfterForoyo extends AuthenticatorBase { private static final String ACCOUNT_TYPE_GOOGLE = "com.google"; /** * コンストラクタ * @param context */ public AuthenticatorAfterForoyo(Context context) { super(context); } /** * トークンの取得 * @param account * @param passwd 不使用 * @param service