BodyRecorder v1.0.0リリースしました

久々に新しいアプリをリリースしました。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.awwa.bodyrecorder


BodyRecorderという今のところ体重を記録するだけのアプリです。
体重を記録するアプリなんて腐るほどあり、いまさらなんでこんなもの作るのよ?という感じはありますが、いろいろな事情によりこういった形での公開となりました。

流れとしては、
  • SmartTrainingの体重編集機能弱いねぇ
  • ちゃんと履歴管理できるようにしたいねぇ
  • SmartTrainingに体重管理機能追加(非公開)
  • SmartTrainingに体重データ同期機能追加(まぁ、動いた)
  • 体重管理とSmartTrainingは機能的に分けた方が広がりがあるんじゃね?
  • 共通ライブラリ部分と、アプリ部分を分離
  • リリース
といった感じの行き当たりばったりで作っていたので体重編集機能追加しようと思ってから半年以上経過しています。まぁ、いいんです。

たいした機能がない割に、今回のアプリで手間がかかった部分としては、


  • カレンダーコントロール
    • HoneyCombから追加されたCalendarViewをGB以前でも動作するように移植しました
      • 主にはsmoothScroll系のメソッドをコメントアウトしたくらいです
    • 移植したはいいけど、描画動作がもっさりしてイマイチだったので、汎用性を捨てて高速化しました
    • 土日を色分けしたり、画面高さに応じて週高さが決定される部分に最低高さを設けたりと、見た目で気に喰わない部分を修正しました
  • 体重入力インターフェイス
    • オリジナルのiPodのインターフェイスをイメージしたUIを独自で作りました
    • 連続性のある数字の入力するのに最低限の操作で行える方法を目指しました
    • 色々と使いまわせそうなのでソース公開もやってみたいな
  • 2種類のOAuth2実装
    • ICS以降向けにAccountManager経由でのOAuth2実装
    • HoneyComb以前向けにWebView経由でのOAuth2実装
      • セキュリティ的な問題はあるものの、これ以外方法がないのでやむを得ず実装
  • Google Driveとの同期機能
    • SmartTrainingにも搭載予定の機能です
    • 複数端末で同じデータにアクセスできます
  • チャート
    • AFreeChartやらなんやらを色々試した結果、高機能なのはいいけど描画が遅いのが不満だったのでチャート機能を自前実装しました
    • できることはシンプルで折れ線グラフが描けるだけです
  • ActionBarSherlock
    • ようやく本格的に使ってみました
  • Fragment対応
    • 既存のActivityの遷移パターンは全て捨てる必要があるので面倒でした
    • ユーザには画面が切り替わるのは全く同じに見えるだけなので、悲しい
とほぼ全般に渡っています。
そのうえ、最近のアプリ公開にはプライバシーポリシーだの、言語毎のキャプチャだのといろいろ面倒なことが増えています。面倒ですね。

あと、SmartTrainingの体重機能をこちらに切り離したわけですので、いずれはSmartTrainingとのデータ連携ができるようになります。
普通、こういう系のアプリは身長入力させてMBI計算とか標準体重と比較とかするんですかね?そのへんは追々と。


コメント

このブログの人気の投稿

Joinノードを使う(その1)

Execノードを使う

Joinノードを使う(その4)