Herokuボタンをつけてみた

ちょっと前に作ったSendGrid-ReversiというサンプルアプリにHerokuボタンを付けてみました。


デプロイが簡単に行えて楽しかったのでメモします。

app.jsonという名前のファイルを適切なフォーマットで書いてプロジェクトルートに置いときます。そのうえで、README.mdあたりにHerokuボタンを貼り付けておけば準備完了です。

app.jsonを見ると何となく分かるように、今回はAPP_URLとPARSE_HOSTという2つのパラメータがデプロイ時に必要になります。
また、アドオンとしてmongohqとsendgridをいれてあります。これを入れておくと勝手にアドオンが追加されて環境変数に追加されるアクセス情報を使って各アドオンが利用できるようになります。

この状態で上記リポジトリのREADME.md内のHerokuボタンを選択すると次のような画面が表示されます(Herokuアカウント持っていることが前提)。


今回のアプリは、SendGridのParse Webhookを利用します。APP_URLにはWebhookのPOST先URLのルートを指定する必要があります。Herokuの場合、App Nameを指定しないと自動で名前がふられるため、このタイミングではAPP_URLが確定できません。これだと困るので、App Nameを指定した上で、その結果確定するこのアプリケーションURLをAPP_URLに設定するのが一番単純です。(アプリのURLを取得できればこんな冗長なパラメータは不要になるはずですが、取得方法があるのかはわかりませんでした)
例えば、

  • App Name:abcd
  • APP_URL:abcd.herokuapp.com

みたいな感じです。
一方、PARSE_HOSTは、メール受信用のドメインです。手っ取り早く設定するのであれば、こちらの「5分間アプローチ」を参照します。サブドメインは未使用であればなんでもOKです。

アプリケーション起動時にSendGridとMongoDB周りの設定を自動的に行なうようにしてあるので、細かな設定は一切不要です。

一点注意ですが、内部で使用しているSendGridのEvent Webhookは設定変更後動作が有効になるまでに数分はかかるみたいです。デプロイ後すぐにゲーム開始しようとしてもうまくいきません。デプロイ後はコーヒー一杯くらい飲んで待っておくと良いと思います。

Herokuマジすげー。

コメント

このブログの人気の投稿

Joinノードを使う(その1)

Execノードを使う

Joinノードを使う(その4)