sendgrid4rの安定版(1.1.0)をリリースしました

2015/7にSendGridのWebポータルが一新されました。これに合わせて新Webポータルのバックで利用されているWeb API v3も正式リリースっぽくなったみたい(これまでβだったなんて認識はあまりなかったのですが)なので、sendgrid4rをv1.0.0にして安定版をリリースすることにしました。
v1.0.0は7/18にリリースしてましたが、早く記事書かなきゃと思いつつ時間がとれず、おたおたしていたら、新しいAPIが公開されて、これをサポートしたバージョンをv1.1.0にしてようやく記事を書くことができました。
振り返ってみると最初にsendgrid4rをリリースしたのが2014/10みたいで、もうそろそろ1年経つようです。時の流れは早いものです。

SendGridでは製品のロードマップはあまり大々的に公開していないようですが、公式ドキュメントには地味に書いてあります。

旧来のAPIは全てWeb API v3で置き換えて整理していくのではないかという雰囲気を感じます。そして、何の前触れも派手なアナウンスもなく、着々と新機能を公開し続けています。うまく動いているものをどんどん置き換えていこうとするモチベーションがどこから湧いて出てくるのかよくわかりませんが、この動きの速さには毎度頭が下がります。
やべー、Permissionsが来る前に早くContacts APIとCampaigns APIに対応しなきゃ。。。

コメント

このブログの人気の投稿

Joinノードを使う(その1)

Execノードを使う

Joinノードを使う(その4)