ウィジェットでマリオ

Android Bazaar and Conference 2011 Summer 「頑張れ日本、頑張れAndroid」ということでウィジェットでマリオ作ってみました。



☆作り方
・Android Market から MuskedWidgetをダウンロードする。
・ホーム画面上にひたすら色指定したウィジェットを並べる。
いじょ。

☆なんだそりゃ

意味分かんない人向け。
MuskedWidgetはホーム画面上にただの四角いウィジェットを生成するアプリです。
普通はこんな感じ。



色指定できるので、好きなところに好きな色のウィジェットを置いていきます。
普通のAndroidのホーム画面だと4x4しかウィジェットを置くことができませんね。
これじゃ、つまらない。
というわけで、かの有名なLauncher Proの登場。
このホーム画面は、10x10までウィジェットを置ける。
でも、マリオつくろうと思ったら、最低12x14はドットが必要。

足りん。

でもまだあきらめない。
Launcher Proは最大7画面まで拡張できて、ホームキーを押すと、各画面がサムネイル化される。

これだ。

6画面でサムネイル化したら、都合20x30までドットが取れるではないか。
というわけでできたのがこれ。



各ホーム画面の詳細はこちら。













さすがに夜中に600個ウィジェット並べる作業は疲れたよ。
っていうか、Launcher Proのフォーラムに最低16x16は欲しい、とか投稿しとこうかな。
あ、Launcher Proの設定でAuto-fit ItemsをONにしとくとわりと綺麗に敷き詰められるよ!

コメント

このブログの人気の投稿

Joinノードを使う(その1)

Execノードを使う

Joinノードを使う(その4)