MBA + Windows + VirtualBoxでcontrolキーとcommandキーの入れ替え

MBAのcontrolキーとcommandキーを入れ替えている。
左小指の位置にcontrolが欲しいからだ。
いつからこれが身についたのかは覚えていないけど、学生時代にいじっていたDECやらSoralisやらについていたキーボードがそうだったからだと思う。

Windowsで106/109日本語キーボード使うときは、Caps LockとCtrlを入れ替える。
MBAではcontrolとcommandを入れ替える。
というわけで、MBA上のVM上でWindowsを動かすときは、Windows上の設定でさらにcontrolとcommandを入れ替える。

面倒な身体だ。
全部OS標準で馴染んでいる身体の方がこういう無駄な設定に時間を使わなくていいから効率が良い。
でも、いまさら元に戻れないので設定変更する。
今後も何回も同じことするだろうからメモ書き。


これでよし。

ほかのキーを入れ替えたいときはこっちをみて考えること。
http://uguisu.skr.jp/Windows/winCaps.html

以上。

コメント

このブログの人気の投稿

Joinノードを使う(その1)

Execノードを使う

Joinノードを使う(その4)